結婚相手に求めるものとは

結婚相手に求めることと言われて、顔であったり性格であったり、はたまた学歴であったり年収であったり、求める事由は人それぞれ様々だと思います。
そんな理想と現実のギャップに悩み、結婚に踏み切ることができないという人も多いのではないでしょうか。
そんな話を聞く中で、あくまで私の主観で思うことはその自分の理想の相手をみつけるために、自分がどんな努力をしているのかを知りたいな、ということです。
相手にばかり求めることが愛ではないし、結婚ではないと私は思います。
相手を尊重して、支えることができるような人間になるために努力することで自然と魅力的にうつると思いますし人として輝きが出てくるのではないかと思います。
まずは自分と向き合うことが大事なのではないかと思います。

結婚に関わる英語の名言

イギリスの名言で、「妻はたえず夫に服従する事によって彼を支配する」と言う言葉があります。
服従と言うのは現代では穏やかではない言葉と思われがちですが、一方結婚生活において相手に対する妥協や、一歩引いた精神が必要なのは男女共に変わりません。
特に、時代は変わっても男性は女性に大和撫子精神を求めるものです。
良い夫婦生活を維持するためにはこうした姿勢が欠かせず、このような賢妻に男性は従うものなのです。
そうした知恵が英語の名言に表されています。
結婚は入籍するよりも維持が大変であり、そこからが最も大切です。
互いにとって居心地の良い家庭を作るために、時に一歩下に立つ事で相手の心を導いてあげる姿勢が必要です。
こうした意識を持つ必要があるのは女性だけでなく男性も同じです。