結婚に妥協は必要ない

結婚をするに際し、ある程度妥協が必要だという人は多いです。
私も昔はそのように友人を諭し、結婚目前に悩んでいる人を慰めたりしてきました。
しかし、年数が立って思うのは、結婚をするに際し必要なのは妥協をすることなのではなくて相手をいかに許し、思いやることができるのかということなのではないかと思います。
なぜそのような考え方になったかというと、妥協という言葉を使ってしまうとどうしても結婚してあげたというイメージを自分の中でもちがちになってしまい、相手に対して上から目線になりがちになってしまうということに気がついたからです。
相手を許し、譲歩し思いやることで対等の距離感で接することが必要なのではないかと思います。

結婚報告で気を付けたいポイント

結婚は男女とご両親の問題です。
従って友人や知人には直接的な関係はありませんが、一方で結婚報告が今後の人間関係に影響を与える場合もありますので注意する必要があります。
親しい友人であれば、入籍後に事後報告するのではなく、事前に報告するようにしましょう。
特に相手が結婚前にそうした事を伝えてくれた場合は、自分も事前報告するのが礼儀です。
また、友人や知人が伴侶と知り合いである場合は早い時期に伝えておくのが良いでしょう。
後手に回れば関係を軽んじていると見做している事にもなりかねませんので、配慮が必要です。
結婚とは人間の立場を社会的に変える行為です。
恋人が夫婦になるだけで、世間に持つ意味も責任も変わります。
従って、社会に対し恥ずかしくない行動をとるようにしましょう。