結婚適齢期とは存在するのか

ある程度年齢を重ねて行くと、自分の将来のことが不安になることもあるかと思います。
結婚して、子供を生んで、老後の蓄えのことも考えると何歳までにそのような計画を実行していけばいいのか。
しかし、相手がいないと結婚もその先の生活も達成できないのでまずは相手を探さないといけない。
そのような不安が結婚への焦りとなり、更に統計よりも自分が遅れており晩婚と言われる年齢になっている人は益々焦ってしまうのではないかと思います。
しかし、私はそのような言葉に惑わされることなくゆっくり自分の満足のいく相手をみつけることが幸せへの一番の近道なのではないかと思います。
最近では安価に出会いをみつけることができる環境も整ってきているので焦ることはないのではないかと思います。

結婚と関係が深い「縁」の意味

よく結婚相手は縁によって見つかるものだと言われます。
合コンや友達の紹介で積極的に婚活していても相手が見つからない方がおられる一方、自分で積極的に動いていなくても最良の結婚相手と出会える方がおられます。
こうした運命的な力を指して人は「縁」と呼びます。
一方縁とは仏教用語であり、それは偶然性と言う意味ではありません。
因果にそって生まれるものが縁ですから、良い出会いを惹き付けるためには日常的な自分自身の努力も欠かせないのです。
それは恋愛主眼に生きると言う事ではなく、自分自身の行いを正し、人として誠実に生きると言う事も含まれます。
そのような人間的な輝きがある人こそ、自然に良い出会いに恵まれるものなのです。