なぜ仏滅は忌み日として嫌われるのか

結婚などのお祝いごとの日は、仏滅をさけるようにするべきと日本では古来から伝承されてきました。
それは、仏滅の日の意味に由来した六曜が関係しています。
仏滅は万事凶とされており、何をしてもうまく行かない、悪いことが起こる日として昔から伝えられてきており、逆に大安は吉日、何をしても最高の結果となると言われているため祝い事の日は大安を選ぶ人が多いという印象です。
私も実際、最近入籍をしたのですが大安を選びましたし、結婚式をあげようと検討している日も大安となっています。
縁起ごとなので絶対にそうするべきと思うことはないのですが、気にする人、特に親の世代は六曜を意識する人も多いのではないかと思うので、気をつけるべきかと思います。

学歴から見えて来る結婚に求めるもの

男女問わず結婚相手に求める条件の一つとして「学歴」が挙げられます。
学歴の高さは知能指数にも繋がりますので、伴侶に聡明さを求める方は特に重視します。
こうした問題は子供に対する遺伝にも影響があるとされていますので、余計に重視されているのです。
また日本において学歴はその後の就職先にも直結する問題です。
従って伴侶に経済力を求める方は、自然結婚相手の最終学歴に高いクラスの学校を求めるのです。
また、特に私立の大学であれば経済力のあるご家庭に育った子弟が通うものですから、どの大学を出たかが相手の家柄を見る上で重要になる事があります。
上記以外の理由では、自分が卒業した学校と同じ出身の方に親近感を覚える場合があります。