結婚式の際の近いの言葉の意味

神前の結婚式の際に、誓いの言葉を述べる場合が多くあります。
今回はその誓いの言葉の意味について、説明をしていきたいと思います。
まず神の導きであることを諭す部分があり、これは神が自分自身に与えてくれた最高のパートナーが隣にいる相手であり、感謝をしなさいという意味が込められています。
また、病めるときも健やかなるときも、と聞いたことがあるようなフレーズが続きます。
これは、無償の愛を意味しており、どんなことがあっても相手への慈しみの心を忘れるなかれという意味がこめられています。
また最後のフレーズに死が二人を分つまで、と続きますが、それまで結婚の際に誓ったことを忘れずに日々相手に対して尽くす事、相手を愛することを約束させる言葉をなっています。

結婚につきものの不安

マリッジブルーと言う言葉が象徴するように、結婚に不安はつきものです。
女性の場合、寿退社をして専業主婦になる方もおられますので、その場合生活が変わる事に不安を感じます。
同時に出産を控えている場合は、新たな命の誕生と自分が背負う責任に不安を感じる方がおられます。
男性の場合は結婚以降の生活は家族を支える生活になりますので、女性と同じように責任を感じます。
特に仕事を維持して家計を支えて行く事に不安を感じる方が多いのです。
また中には、伴侶を愛し続ける事ができるのか迷う方もおられます。
家庭や夫婦関係は時間が作り上げるものでもありますので、当然の迷いと言えます。
こうした問題は誰もが感じるものであり、様々な悩みを乗り越えてこそ男女関係は成熟するのです。